酵素ドリンク作りの材料の選び方

酵素ドリンクを自分で作ってみようと思ったときには材料選びをすることになります。
基本的に必要になる器具は耐熱性のある密閉容器とスプーンだけであり、これに砂糖と酵素源になるものが揃えば作ることができるのです。
一般的な作り方として、密閉容器を加熱消毒した後で常温まで冷まし、材料と砂糖を同じくらいの重さで混ぜて常温で発酵させるという方法が知られています。
この方法で発酵させる過程で何をしているかと言うと、砂糖をエネルギー源として与えることによって材料に含まれている酵母やその他の菌の増殖を促し、発酵によって材料の分解を行わせています。
それによってできた分解物としてアミノ酸やペプチド、糖類や脂肪酸などが豊富に含まれるようになり、消化吸収のよい酵素ドリンクの原料にすることができるようになるのです。
酵母やその他の菌が作り出す栄養成分や酵素も豊富になるため、高い機能性のある酵素ドリンクとなるのが特徴となっています。
こういった過程を経ることから、必然的に材料の違いが栄養バランスを変化させますが、その内容を予測するのは難しいのが事実です。
そのため、選び方の基準としてもともと持っている栄養素の魅力や、味や風味を優先するのがポイントとなるでしょう。