酵素の機能を使った測定方法

酵素は試験研究においても頻繁に使用されているツールであり、その基質特異性の高さを利用した方法が多数開発されています。
酵素が利用されている代表的な領域となっているのが様々な物質の量を測定するという分析化学の領域であり、基質特異性があるからこそ実現できるものです。
基本的な原理は、もともと検出することが難しい物質の量を測定したいときに、酵素と反応させてしまうことにって別の物質へと変換し、それによって生成した別の物質の量を測定するというものです。
物質は変換を受けることによって濃度測定が容易になる場合が多々あり、光学的手法や免疫学的手法によって定量を行えるようになることが多々あります。
そういった応用ツールとしてよく用いられるようになっているのが酵素です。
環境測定などにも用いることができるようにキット化されているものも多数あり、今日の科学技術の中でも欠かせないものの一つとなっています。
その基盤となっているのは酵素の性質に関する基礎的な生物学的研究であり、その解析が進められていくことによって次々に有用な分析系が作り出されてきているのが現状です。
将来的にも応用が進められていく領域となっていくでしょう。